福利厚生センター ソウェルクラブ(Sowel Club)介護・福祉職のみなさんへのお得情報!

仕事力向上

みなさんは、ソウェルクラブをご存知ですか?
会員さんは、青いカードを職場から渡されていると思います。これですよ。

「聞いたことがない」「うちの職場は加入していない!」もおられる思いますので、そういう方は、介護、福祉業界の福利厚生のお話としてご覧ください。
お仕事や職場を探している人はぜひ、職場のメリットとしての情報になればと思います。

知られていない??・・介護、福祉現場の魅力 ソウェルクラブ

意外と知られていないのですが・・介護、福祉の職場では2つの「魅力」があります。

 

  • 退職金制度:福祉医療機構という公的団体が実施。退職金のお話へのリンク
  • 福利厚生サービス:福利厚生センターが実施しています。

 

2つとも、主には社会福祉法人の加入率が高いようで、医療法人や株式会社の方はあまりご縁がないかもしれません。
わたしは、社会福祉法人の職員なのですが、他の法人や団体にはもっと有利な福利厚生サービスがあるのかもしれませんが、今回は社会福祉法人などで広く加入されている福利厚生サービスのお話です。

この2つの制度・サービスは、個人加入はできないので、職場が加入をしてくれないと加入はできません。
また、法人によっては、「正職員」だけがソウェルクラブ加入という施設があります。
パートさんや準社員、準職員さんという雇用形態の方は加入をしていないケースもあるようです。

ソウェルクラブに加入する法人は、掛金がかかります。(1万円~5千円 ※個人負担なし)
職員数が多くなれば、法人側は、それなりの負担になりますので、職員さんの中での対象を限定する扱いもやむを得ない部分もあると思います。

福利厚生センター(ソウェルクラブ)とは

福利厚生センター(ソウェルクラブ)は社会福祉のの職場を魅力あるものにするために1994年に設立された社会福祉法人です。
こういう事業で社会福祉法人の認可がおりるのですね・・他では聞いたことがありません。

ソウぇルクラブは、全国規模のスケールメリット生かし、さまざまな福利厚生のサービス、事業をやっています。
なんと、全国で1.2万か所を越える施設・事業所、会員は27.6万人と言われる巨大組織です。

ソウェルクラブ 加入要件

  • 契約対象者
    社会福祉事業または介護保険事業所を経営する者
  • 加入対象事業
    社会福祉事業、社会福祉事業以外の介護保険事業(訪問介護、通所リハ、特定施設入居者世克カイゴ・福祉用具貸与、地域密着型サービス、居宅介護支援事業、老健、介護療養型医療施設等)
  • 加入対象者
    法人内の役職員全員(非常勤職員含む)
  • 加入の種類及び掛け金
    掛け金は契約者(法人・会社負担)です。職員の負担はありません。
    第1種会員(すべてのサービス利用可能)   掛け金1万円/年
    第2種会員(一部サービスのみ利用可・非常勤職員のみ加入可)   掛け金5千円/年

 

どんなメリットがあるのか?

下がホームページの画像です。IDとパスワードでログインして使用します。

近年、「クラブオフ」というサービスが追加されて、使えるメニューが格段に増えました。
クラブオフのサービスは、iPhone、androidのアプリがあります。

  • トップのメニュー「地方事務局情報」から、自分の勤務するエリアの事務局へリンクすると地方のメニューががあります。ここには、地域限定メニューや交流事業などあります。

 

とにかく沢山のサービスメニューがあるので、どれを使われるのかは、人それぞれです。

私と職場の方がよく使うメニュー

私は、経験年数が長いもので、永年勤続記念品として、充電式掃除機とか鍋とか、置き型の血圧計結構な高級品を頂きました。
また、毎年、健康生活用品(水筒や鍋、シュラフ等)をいただいています。

一番お得感が高いのは、ホテルでの宿泊です。KKRホテル、国民休暇村は会員本人が1泊2,500円くらいの割引なので、結構な割引額だと思います。
私の利用したことのある国民休暇村のオートキャンプ場でも割引がききました。
(デイキャンプはダメだけど、宿泊利用なら、割引が利用可とのことです。)
オートキャンプが5000円少しなので、2500円割引なら半額くらいになります。

その他、資格取得、結婚・出産、永年勤続、クラブ活動助成金、劇団四季、ディズニー関係等、いろいろと活用しておられます。

 

使えるお得サービスの概要 とにかく豊富です!

使える福利厚生メニューは豊富ですが、サービスは3つに大別できます。

  • センター事業:福利厚生センターが運用するサービス
  • 提携事業:提携のホテルやレンタカー会社を通じた割引サービス
  • クラブオフ:提携事業をもっと拡大した感じのサービス。クーポンサイトのような雰囲気
  • 地域事務局の情報

■センター事業

メニュー 内 容
健康生活用品給付 毎年6月頃、全会員に健康生活に関わる品物の中から希望する一品をいただけます。健康生活用品のご案内
生活習慣病予防 健診費用助成 生活習慣病予防健診の費用を助成します。健診メニューにより2,800~4,000円の助成されます。
お祝品贈呈 結婚、出産、入学時にお祝い品贈呈されます。商品券、結婚1万円、出産1万円、小中入学5千円
長期勤続者退職・慰労記念品贈呈 記念品が贈呈されます。
資格取得記念品贈呈 働きながら社会福祉に関する次の専門資格を取得した会員に、5,000円相当の記念品が贈呈されます。
永年勤続記念品贈呈 勤続満5・10・15・20・25・30年を迎えた会員の方に記念品が贈呈されます。
弔慰金・見舞金 万一の場合の心強い制度。 会員または会員の遺族に弔慰金、見舞金が支払われます。死亡弔慰金、就業時、通勤時の事故に事故により手術等が対象です。
ソウェル各種保険 ソウェルの各種保険。生命保険、医療保障、年金、傷害、入院、がん保険等があります。
住宅ローン 住宅ローン。みずほ銀行と提携で一般利用者より割安に利用できます。
特別資金ローン 暮らしの様々な資金として、割安な金利の借入れをお手伝いします。教育、自動車購入、結婚、旅行等
各講習会 資質向上に役立つ講習会
WEB研修 メンタルヘルス、接遇講習会、ハラスメント防止、新人フォロー講習会Eラーニング Word、Excel、PowerPoint、コンプライアンス、メンタルヘルス等
海外研修 割安な費用で、海外の福祉事情を学習する海外研修が実施されています。
クラブ・サークル活動助成 会員のスポーツ・文化サークル活動へのサポートです。会員1人あたり1,000円
こころとからだの電話健康相談 あなたの健康を24時間・365日サポート。
相談・通話料無料(家族も使える)、メンタルヘルスの場合h、近くのクリニックや相談室での面接形式カウンセリング(年5回まで無料)

■提携事業
ホテル(休暇村、KKR等、東急ホテル、ダイワロイヤル、グリーンピア等多数)
レンタカー等割引、ショッピング、スポーツ・カルチャー関係サービスの割引

■クラブオフ
別メニューで、20万件以上の割引サービス(クーポン)が使えるようです。スマホアプリがあるので、自分の位置からサービスを割引選ぶことが上手に使えば、お得に使えるとお澪ます。クーポンを選ぶと「画面提示クーポン」が開きます。

■地域事務局(情報)
各都道府県にある事務局のオリジナルメニューです。わたしの職場は地方にあるので、この地域事務局のメニューが、なかなかありがたいです。
職員の交流事業や地元レストランで楽しめるプログラムを利用したことがあります。

おわりに

介護、福祉職場の「福利厚生」に興味のある方、そうでない方がおられると思いますが、働きやすい、魅力ある職場になるためには、いろいろな角度からの魅力アップが必要だと思います。

ソウェルクラブ加入は、法人、事業所の魅力アップのための一つの取組みとして、評価されるべきだと思います。加入している法人はもっとPRされれば良いと思います。
お仕事を探しておられる方は、求人票などに「福利厚生 ソウェルクラブ加入」等と記載されている場合もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

もちろん、給与や賞与がアップするのが魅力アップの一番の手立てと思いますが、全国レベルのスケールメリットを生かして、ソウェルクラブさんも頑張っておられるようです。

毎日使うものではありませんが、上手に使えば絶対にお得で便利です!
永年勤続や資格取得は、法人独自の制度もあると思いますが、節目での記念品やお祝いは単純にうれしいです。
わたしの勤める法人では、何かのお祝い(入学や資格取得等)や記念品を頂かれる時は、事務所のみんなで拍手をして「おめでとー」と声掛けします。

みんなで、ソウェルクラブを、上手に使って「介護や福祉の職場の人はいいなぁ。。」とまわりの人に自慢できればいいですね。

同じ介護や福祉の仕事をしていても、所属する法人の種別(社会福祉法人や医療法人、株式会社等)が違えば、ほとんどつながりがありません。
ソウェルクラブのような福利厚生団体を通じて、福利厚生、待遇の向上や介護や福祉を仕事にする人の「つながり」が充実すればいいですね。

大きなつながりで、要望として、待遇改善、介護報酬UPを訴えたり、ケアの質の向上を図るための調査研究や人材育成に取り組む方が、社会的な地位の向上につながるものと思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

介護・福祉職の退職金事情・・長く働けば1,500万円を超える人「あり」です!
介護、福祉のお仕事に就いておられる方、お仕事を考えておられるみなさん、退職金のこと気になる方はおられませんか? 先日、医療法人で介護職をしておられた人が、転職の相談に来られたので、改めて調べてみました。 結論:退職金に関しては、長く...
タイトルとURLをコピーしました