【実務者研修教員講習会】 介護福祉士の次はこれ!スキルアップと副業もできる、おすすめ有望資格!

仕事力向上

介護福祉士さん、今の資格を生かして、ちょっと上を目指しませんか?
何をおすすめしたいのかと言いますと・・「実務者研修教員講習会」を修了して、介護の教員(講師)やりませんか?

実務者研修教員講習会とは

あまり知られていない講習会ですが、これを修了すると、実務者研修を行う研修実施機関の専任教員(責任者)になることができます。また、「介護過程Ⅲ」の教科の教員(講師)を務めることができる資格です。

つまり、実務研修研修の講師ができるのです。

「実務者研修」というのは、現場の実務経験3年で介護福祉士を受験する方に義務付けられた研修(450時間)で、これを修了しないと介護福祉士を受験できません。
また、実務者研修を修了することで、訪問介護事業所の「サービス提供責任者」になることができます。

介護福祉士さんのスキルアップにぴったりの講習会です。

 

だけど・・仕事しながら学校でも通うの?と思われる方もおられるでしょう。
それがですね・・学校へ通う、スクーリングは2日間のみあとは通信教育で終了できる講習会なんですよ。

無料で資料請求できます。たくさんの講座があります。
「実務者研修教員講習会」を探して資料請求をすると良いです。介護事務等、面白そうな学び(資格)がたくさんありますよ。


★☆シカトル☆★

実務者研修教員講習会をおすすめしたい方

講習名からわかるように「人に教える」「人に伝えるための」資格です。

現在、介護福祉士国家試験から、介護実務3年以上で受験する方は「実務者研修」(450時間)の修了が必須です。当然、「実務者研修」の教員についてもその需要が高くなりますね。

この講習会をおすすめしたいのは、次のような方です。

 

実務者研修の教員をめざす方

実務者研修の専任教員等になる際には、次のいずれかに該当する必要があります。

  1. 介護福祉士資格取得後、実務経験が5年以上の者
  2. 介護に関する科目を教授する資格を有する者(具体的には下記のいずれかに該当する者)
    ①大学、高等専門学校の教授、准教授、助教または講師
    ②養成施設、福祉系高校(一般)での教歴3年以上
    ③福祉系高校(特例)での教歴5年以上
    ④実務者研修での教歴5年以上

調べてみると、先に実務者研修教員講習会を修了しておくことで、後に実務経験年数が到達した時点で専任教員等になることもできるようです。

これまでの介護経験を活かし、研修講師を務めたい方

この講習会は、教員養成のための研修なので、介護の勉強というより、

  • 「どう伝えるか」
  • 「どう教えるか」
  • 「どういう授業をするか」について学ぶものです。

シラバス(生徒さんと共有する授業計画)の立て方等、本格的に教授方法を学ぶことができます。

現場で仕事をする上でも、法人や会社、事業所での研修計画等を立てることはあると思いますが、絶対に役立ちます。

私は「教えるための勉強」というものをしたことがなかったので、本当に勉強になりました。

 

実務者研修教員研修 研修内容・日程の例

カリキュラムの内容は次のような感じです。研修機関によってプログラムの組み方(スクーリングの人数等)は変わってくると思います。

通信教育34時間 + スクーリング2日間(16時間)

時間数 通信 通学
介護教育方法 30時間 22時間 8時間
介護過程の展開方法 15時間 8時間 7時間
実務者研修の目的、評価方法 5時間 4時間 1時間
50時間 34時間 16時間

くわしく確認したい方は、厚生労働省の以下が規則です。
17条の2を参考にご覧ください。

社会福祉士介護福祉士学校指定規則(平成二十年文部科学省・厚生労働省令第二号)

 

ちょっと楽しみ・・教員(講師)の待遇はどれくらい?

余談ですが・・講師の仕事って結構、時給が良いです。
準備は相当、時間がかかりますが、一度、担当教科が決まれば、基本、同じ授業計画、資料などを使うことができます。

介護職員初任者研修、実務者研修の講師であれば、うちのような地方の田舎でも、
時給2,500円(講師補助)~5,000円(講師)以上です。

単発の講師や企業が行うものは、余裕で2倍以上の単価だと思います。

「勉強にもなって」、「収入にもなる」と考える方には、副業として、おすすめできます。
副業としてトライしてみて、自分にあっていると思えば、転職を考えるのも良いと思いますよ。

一般の「お仕事サイト」で検索すれば、講師の非常勤の仕事の応募は出ています。報酬や条件は色々ですが、参考に見てください。

「介護+講師」のインディードでの検索結果はこちら

 

まとめ&おすすめ研修情報

いかがですか、教員講習会を受講することで、これからの道が広がります。

  • 介護の経験を活かし、教員等の仕事をやりたい方
  • 今の仕事を続けながら、副業として教員(講師)を務めたい方
  • 職域、事業所のリーダーとして、教育、指導担当などを務めたい方

これから、たくさんの介護職が必要になる時代です。みなさんのこれまでの経験を活かして、「人を育てる」ことにチャレンジするのも、絶対におすすめです。

今の仕事をしながら、副業としてのチャンスがあれば、介護、福祉職としての「学び」にもつながります。
最近では、「介護事務」にも人気があると聞きます。給付管理をやったことのある、ケアマネジャーさんとかであれば、得意分野に間違いないです。

 

【おすすめ研修情報】


■シカトルで学ぶ

ここにはたくさんの種類の講座があります。「実務者研修教員講習会」を探して資料請求をすると良いです。介護事務、カウンセラー等、面白そうな学び(資格)がたくさんあります。


★☆シカトル☆★

■大学卒業を目指す方
働きながら大卒資格や教員免許を取得したい方にオススメの通信制大学はこちらです。
【取得できる資格】
大学卒業資格、社会福祉士、精神保健福祉士、保育士、社会教育主事、認定心理士、臨床心理士、司書、小学校教諭免許、中学・高等学校教諭免許、博物館学芸員、幼稚園教諭免許、特別支援学校教諭免許など

カンタン資料請求≪無料≫ 複数の通信制大学カンタン資料請求

 

介護の実務経験は、教員(講師)としても活かせます。
今は、現場の仕事で、精一杯と思われている方も、将来役立つ可能性も高いです。
さらに学びたい方は、通信教育で大学や大学院を卒業できる時代です。ぜひ、みなさん、いろんな意味で上を目指すためにご検討してみてください。

現場で頑張るみなさんにピッタリの「学び」が見つかることを願っています。
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました